K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

蒼樹うめ先生描き下ろしの特製カードをゲット! 「ひだまりスケッチ×献血応援イベント」に協力してきた!

都内の血液はオタクの血でがっちりチャージ! というわけで「ひだまりスケッチ×献血応援イベント」のために献血に協力してきましたっ!

 


東京都内の献血ルームで400mL献血に協力すると「ひだまりスケッチ」のゆのっちが描かれたオリジナル特製カードがもらえるという、何とも魅力的なイベントが開催されてまして。もともと献血もアニメも大好きな僕。クリアファイルやタペストリー、ポスターやメッセージボイスのために幾度となく血を捧げてきた僕が、こんな素敵なイベントを見過ごすわけありません。都内の献血センターで献血して、カードをゲットしてきました!


ちなみにイベント自体は4月10日ですでに終了。僕が行ったのも終了3日前の土曜日でしたが、カードは何とかまだあるようでした。いつものように問診や採血、献血を何なく終え、頂いたカードがコレ。いやあ…可愛い。まさに春満開って感じですよね。さらに裏にはゆの役の阿澄佳奈とヒロ役の後藤邑子のメッセージも。手書きの文字ってすごく魅力的ですよね。

  


というわけで、カードももらえて満足なのですが、実はひとつ困ったことがありまして。


献血はいつでもできるわけではなく、一度献血すると、次に献血するまで期間を開けないといけないんですね。400mL献血だと3か月開ける必要があるんですが、1年間でできる献血の量も1200mLという制限があるんですよ。僕の場合、久保ユリカのメッセージを聞きに奈良に献血に行ったのが9月ごちうさのポスターのために冬コミ献血したのが12月。そして今回、ひだまりのために献血したので、400mL献血3回で1200mLに達してしまったんですよ。

となると、1年間で1200mLという制限があるので、次に400mL献血ができるのは9月。


それまでにコラボあったらどうしよう…


最近は冬コミなどで、オタクの扱いも上手くなった東京都赤十字血液センターのこと。夏コミに向けて何かまた狙ってきそうですよね。成分献血なら6月からOKなのですが、この手のイベントって、400mL献血限定だったりすることも多いんですよ。これでもし次にもっと魅力的なコラボあったら悔しいなあ。過去に何度も血を捧げてきた僕が、指をくわえて見てるだけなんて! 悔しすぎです! きいーっ!!

……お前は献血をいったい何だと思ってるのかと