K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

立川で碧志摩メグのラッピングバスを見てきました!

碧志摩メグのラッピングバスを見てきました!

f:id:koma-chi:20190714141611j:plain


「碧志摩メグラッピングバスプロジェクト」として、クラウドファウンディングで資金を呼び掛けてた企画がついに実現。今年1月から実際にラッピングバスの運行が立川で始まり、そのバスを実際に僕も見てきました。


f:id:koma-chi:20190714141418j:plain

側面はこんな感じ。ちゃんと(CV:小松未可子)と入ってるところがいいですよね

f:id:koma-chi:20190714141909j:plain

背面はこんな感じ。デフォルメメグちゃんもラッピングされてます


f:id:koma-chi:20190714141241j:plain

三重県へ!遊びに来て欲しいんやに!」というメッセージもいいですよね。立川はいろいろアニメの舞台になってることもあり、「フレームアームズ・ガール」や「とある魔術の禁書目録Ⅲ」のラッピングバスも走行していたそうですが、それに負けないインパクトでした。

また三重県伊勢志摩にも遊びに行かねばです。

路娘は薄い本を作りたいっ! 「路娘MOTION」の同人誌制作のクラウドファウンディングが開始!

(ニュース) 4コマ漫画『路娘でGO!!』の印刷に向けたクラウドファンディングスタート -路娘MOTION公式サイト


鉄道車両が可愛い女の子に擬人化した「路娘MOTION」。かなり以前から活動はし続けてるものの、いかんせんこの業界、「鉄道むすめ」が圧倒的なために常に裏街道を歩き続けている印象の「路娘MOTION」ですが、このたび、Webで掲載されている4コマ漫画の「薄い本」を作るべく、クラウドファウンディングがスタートしたそうです。

鉄道車両擬人化プロジェクト「路娘MOTION」の『4コマ漫画の薄い本』を作りたい -CAMPFIRE

camp-fire.jp

単に制作するだけでなく、A5サイズで40~50ページ、表紙本文全頁フルカラーという、実に豪華な構想があるらしく。ところが白黒印刷とカラー印刷は、軽い気持ちで見積もりを取った運営もびっくりするほど値段が違うそうなんですね。そこで印刷費用捻出のため、このクラウドファウンディングの開始となったようです。


気になるそのリターンも、見てると面白いんですよね。支援すると、奥付ページに支援者の名前が掲載されるんですが、支援額によって全角10文字、15文字、20文字と長くなり、サイズも「大き目」「でっかく」記載されるらしく。さらに2000円コースからは、完成した「薄い本」が2冊届くんですね。


なるほど。保存用と観賞用で二冊用意しましたと


保存用・観賞用・普及用なんて言われますけど、そのへんのオタクゴコロは心得てるみたいですね。僕も薄い本(といっても40~50ページ)は気になるので、少額ながら支援しようかなと思ってます。すでに目標の50%を超えてますし、目標額は達成するでしょうね。あとは「路娘MOTION」自体の活動がもっと積極的になればいいのですけど……なかなか。

もうちょっとがんばってよアイテック阪急阪神も!

声優さんのアナウンスが聞けるプールが登場?! 富士市の「うごくこえプロジェクト」

声優が公共施設案内 富士市、音声プロジェクト始動 -静岡新聞


ほー! なかなかありそうでなかった企画ですよね!


富士市では、公共施設の音声案内をプロの声優さんやナレーターが務める「うごくこえプロジェクト」(PDF)なる活動があるようで。その第一弾として、富士マリンプールでの音声案内が始まったそうです。イベントの一環で、ゆかりのキャラが音声案内をすることはありましたが、イベントありきではなく、公共施設の音声案内を声優さんが務めるのは、ちょっと珍しいですよね。ちなみに、その声は長沢美樹さんと、小市眞琴さん。


さらに今後は岳南鉄道の駅案内や、声優さんによる沿線案内も企画されてるそうで。岳南鉄道のアナウンスは僕も楽しみですね。全国屈指の地味な路線が、声優さんのアナウンスでどこまで盛り上がるかどうか、注目ですね。富士市だけでなく、各町ゆかりの声優さんが音声案内でPRというのも面白いと思いますよ。