K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

瓜田瑠梨も下野市内を駆け回る?! 下野からご当地アニメのラッピングタクシーが登場!

ご当地アニメのラッピングタクシー 栃木県下野市〔地域〕 ー時事ドットコム

www.jiji.com


「まろに☆えーる」胸のサイズはかんぴょう級・瓜田瑠梨の出身地にして、ご当地アニメ「サクラノチカイ」の舞台でもある下野市(しもつけし)。僕が昨年立ち寄った「道の駅しもつけ」でも、かなりの瓜田瑠梨推しを見せてましたが、このたび、地元のタクシー会社から「サクラノチカイ」のキャラをラッピングしたタクシーが登場したそうで。タクシー乗務員の制服姿やドイツの民族衣装姿の瓜田瑠梨も外装に描かれ、乗ると記念品として、ポストカードや聖地巡礼マップがプレゼントされるとか。


乗るだけでなく、ちょっとした記念品がもらえるのいいですよね!


すでにファンからの予約も多数入っているらしく、ラッピング車もかなり好評な様子。新型ウイルスの影響もあって、今はどこもあまり積極的に観光をPRできない雰囲気ですが、少しでもこうした明るい話題があると嬉しいですよね。常に新たな話題を提供し続ける一葵さやかと栃木県。これからも楽しみです。


参考) 瓜の子(瓜田瑠梨)推しは今も健在?! 下野市の「道の駅しもつけ」に行って来ました!
koma-chi.hatenablog.com

山形りんごアイドル、辻野あかりが山形県朝日町に見参!?

朝日町商工会(山形県) ーFacebook

www.facebook.com


山形りんごアイドル、ついに山形の朝日町に出現ですか?!


僕はデレマスには全然詳しくないのですが、実家がリンゴ農家で、山形県出身を全面に出したキャラがいるんですね。その名も「辻野あかり」。もともと山形とりんごを推していたようですが、山形県のりんごの産地である朝日町のFacebookに実際に登場し、話題になったみたいです。内容を見ても「だいちゃん農園の実家に立ち寄り、朝日町を満喫なされました!」と楽しんでるようですし、そして何より、


秋の芋煮会の企画立案がされてるようですし


今後、本当に何か動きがありそうで、ファンならずともちょっと気になりますよね。今後、この子が山形で大きな話題になれば、地元の農業推しキャラも増えるかもしれません。JAの方は、これからはキャラの好きな食べ物を欠かさずチェックして、地元のPRにつなげられないか着目しておいたほうがいいかもしれませんよ!

岐阜県多治見発の陶芸マンガ「やくならマグカップも」、TVアニメ化決定!

TVアニメ「やくならマグカップも」

yakumo-project.com


そう、あれは確か2011年。陶芸をテーマにした多治見発のフリーのマンガ冊子があると、どこより早く当ブログで取り上げました。そのタイトルは「やくならマグカップも」、略して「やくも」。僕も「ユル〜い感じの女の子4人組のドタバタほのぼのコメディー」と評し、当時は検索すると公式サイトよりも僕のブログが上に登場するほど。それ以来、僕もこの漫画を注目し、陰ながら応援してきました。


そしてあれから9年が経った先日、驚くべきニュースが僕のもとに飛び込んできました。


「やくならマグカップも」 TVアニメ化。


うう……ついに、ついに「やくも」がここまで来たんですね!!


何かもう我が子の晴れ姿を見るかのように嬉しいですよ。マンガの面白さもさることながら、フリーの冊子として9年に渡り活動を続けてこられたということ自体*1、本当に素晴らしいと思います。声優さんも錚々たる顔ぶれですし、もちろん岐阜限定での放送というわけでもなく、全国でテレビ放映ですよ。いやあ……何か胸が熱くなってきますね。岐阜新聞の記事をあらためて見てると、さらに胸を熱くする文章が。

漫画「やくならマグカップも」アニメ化 神谷純さん監督 -岐阜新聞Web


アニメ化は、中学時代から原作を読み続けていたファンが同社に就職し制作会議に企画を上げたのがきっかけといい、小池さんは「本当に驚いた。いつかはアニメにと思って、10年やってきたことがようやく実を結んだ」と喜んだ。

www.gifu-np.co.jp


良かったですね。もう本当に良かったですね!!(ハンカチで少し涙をぬぐいながら)


継続は力なり。その言葉の意味を本当に感じましたね。多治見市も町をあげて全力で応援するようですし、来年のアニメが、僕も今からすっごく楽しみです。


参考) 岐阜・多治見発の萌え企画 『やくならマグカップも』
    やくならマグカップも 岐阜県多治見市の陶芸マンガがテレビアニメ化 田中美海、芹澤優、若井友希、本泉莉奈が出演 実写パートも -MANTAN WEB

*1:今までに発行した漫画は実に32巻。フリーのコミックでここまで長く続けられたこと自体、本当に凄いですよね