K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

鈴鹿をもっとにぎやかに! 鈴鹿の非公認ご当地キャラ「すずかちゃん」の魅力とは?

鈴鹿の非公認ご当地キャラ「すずかちゃん」のガイドブック(12Pフルカラー、フリー)を頂きました。

  


鈴鹿」をイメージした、鹿の耳をあしらったリボンと鈴のイヤリングが特徴のすずかちゃん。「鈴鹿をもっとにぎやかに!」をコンセプトに、鈴鹿市のお店や企業とタイアップし、活躍の場を広げてるんですね。僕もツイートでその様子は知ってましたが、最近では、地元のイベントで初めてブースを構えたそうで。その際に配布されたガイドブックが入手できたので、こうして眺めてました。ガイドブックをひととおり見て、僕がすごく思ったのは、


ああ…この人は本当に地元のことが好きなんだなあ……と。


内容は「すずかちゃん」のプロフィールや発足の経緯、活動の紹介、イラスト集など。ガイドブックと言っても、もともとはタイアップの営業に使うパンフレットを作る予定だったらしく、運営理念やビジョンといった、少しおカタい内容も含まれてるんですね。ご当地キャラに触れる機会はあっても、そういった活動指針を知る機会はないので、興味深く読ませてもらいました。


ご当地キャラと言っても、地元の情報をツイートなどで発信するタイプや、商品開発を行って品物を売ることでPRするタイプなど、いろんなタイプがいます。その中ですずかちゃんが最も重視しているのは「地元企業とのタイアップ」なんですね。というのも、地元に馴染み、地元で暮らす人に認められることを第一に考えてるから。それも「鈴鹿をもっとにぎやかに!」という、しっかりした活動の軸を持ってるからだと思います。

運営陣は非公開ですが、ツイートで活動を見てる限りでも、ただのシロートじゃないなとは感じてました。でも、そういったスキルやノウハウより、地元愛をすごく感じさせるんですよね。以前に掲載された地元情報誌によると、キャラができる前から地元のイベントをSNSで紹介してたらしく。最近では、地元の子供たちにもすずかちゃんを配ってるそうで。そんなエピソードや方針を見てると、


この人は本当に地元のことが大好きなんだなあ……と、そう思わずにはいられません。


ご当地キャラは決してアイドルである必要はないと思ってます。並外れた可愛さで大勢のファンを引き付けるのもいいですが、地元を愛し、地元に愛されながら、いいところをアピールしていく。そんな草の根的なキャラがいてもいいですし、むしろそちらのほうが僕は大好きですね。それに、可愛いキャラが街のいろんなところで見られるって素敵ですし、その街に出向いて、紹介された店で食べてみようかなと思うじゃないですか。地元に愛されることが、結局はめぐり巡って、地元以外の人を引き付ける大きな魅力にもなるんですよね。


ちなみに、鈴鹿と言えば、何といってもサーキット。実はすずかちゃんも、かつては「鈴鹿御前」をイメージして「凛々しく、カッコよく、妖艶に」。RQとしても格好良さげなキャラだったそうですが、このキャッチコピーができたことで、今のキャラに変えたそうです。今もRQを意識して大人バージョンではプロポーション抜群ですが、その反面、おりこうさんしようとしても北勢弁が抜けなかったり。子どものようにハシャいでみたり。そんな親しみやすさを感じさせるキャラになりました。そんな登場秘話をかいま見れたのも、なかなか面白かったです。


すずかちゃんが今後、どんな活動をしていくのかは未知数ですが、「鈴鹿をもっとにぎやかに!」というコンセプトがある限り、地元企業とのタイアップは増えるでしょうし、三次元での活躍の場も出てくるかと思います。サーキットの街として世界的に有名な鈴鹿が、モータースポーツだけでなく、それ以外でも多くの人たちを魅了する街になること、僕も楽しみにしてます。


鈴鹿がもっともっとにぎやかになればいいですね〜っっ!!


参考) 鈴鹿市から「りんりーんっ!」と元気っ娘登場! ご当地キャラ「すずかちゃん」の魅力とは?