K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

日本最北の萌えキャラたちに会いに行く! 沿岸バスの「萌えっ子フリーきっぷ」を使って旅してきました。

萌えっ子フリーきっぷ」を使って北海道に旅行に行って来ました!

  
  (2日券Bの東雲もえる。背景は真冬なのにノースリーブミニスカートなのが何とも)

北海道の留萌や羽幌を走る沿岸バスが、「萌えっ子」なるキャラを使ったPRを以前からしてまして。萌えっ子も今や総勢20名ほど。下は幼女から上は108歳の美魔女まで上半身セーラー服で下半身スク水の子がメインキャラという、交通機関とは思えぬ萌えキャラの無法状態。でも、その様子にファンも多いみたいです。


で、そのキャラたちを切符のデザインに起用したのが、上の写真の「萌えっ子フリーきっぷ」。毎年キャラを変えて春頃から発売してるんですが、一度これで旅行してみようと思いまして。沿岸バスのサイトから申し込み、代金を振り込むと、きっぷを事前に購入することもできるんですけど。

  

萌えっ子たちの名刺もいろいろ送られてきた



というわけで、まずは旭川から鉄道で留萌駅へ。留萌駅前の沿岸バスの待合所を見ると、ここにも萌えっ子たちのポスターが。

 

停留所の外観からは想像できない、突然の萌えキャラにちょっとドキっとしますね

  



留萌からは沿岸バスに乗って旧増毛駅へ。
 
 

増毛駅は2016年に廃駅となり、駅に列車が来ることはもうないものの、その後も旧駅舎や線路は存置され、今は新たな観光施設としてリニューアルされてるんですよ。廃線になった後でもバスで駅に行けるので、数年ぶりに寄ってみたんですが。

 

増毛駅になってバス停も萌えっ子が彩るように!



さらに翌日は、留萌から羽幌を経由して幌延まで。走行距離100キロ以上に及ぶ長大な路線ですが、高速用のバスなどではなく、あくまで普通の路線バス。これでまずは羽幌を目指します。

 

発車前や停車前にもさりげなく萌えキャラが!

 



ちなみにこのフリーきっぷ、特定のバス区間が自由に乗り降りできるだけでなく、沿線施設で特典も受けられるんですよ。僕が立ち寄った羽幌のホテルでもこれを提示すると、日帰り入浴が少し安くなるんですね。ホテルでこれ見せるのちょっと恥ずかしいですが*1、少しお得な値段で、僕も気持ちよく温泉に入ることができました。


その後は、悪天候でバスが運休になるハプニングもありましたが、美味しいものも食べましたし、可愛いキャラも見ましたし、楽しく旅行できました。札幌と留萌以北を結ぶ「特急はぼろ号」には、萌えっ子のラッピングバスもあるそうなので、次回はそちらも乗ってみねばですね。

*1:ホテルの方も「ああ…何かあったような気がする!」と、調べ始めましたからね