K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

大叫喚地獄級の温泉むすめが大人気?! 雲仙温泉の「雲仙伊乃里」がアツい!

湯のまち擬人化・温泉むすめ「雲仙伊乃里」が熱い 人気投票中間発表1位 ファンの〝聖地巡礼〟も −長崎新聞

おー! ついに長崎にも可愛いキャラの流れが来たでー!!


雲仙温泉街をモチーフにした温泉むすめ「雲仙伊乃里(いのり)」が、現在開催中の人気投票で中間発表1位なんだそうで。108人のキャラのうち101番目なので、かなり最近になって登場した子ながら、声を担当されてる奥野香耶さんの人気もあって、すでに人気キャラのようですね。長崎には目立ったキャラがいないだけに珍しさもあり、こうして地元新聞の記事として取り上げられたみたいです。


そもそも中間1位の段階で大々的に記事になるところからし、地元の注目度合いがうかがえるじゃないですか。


公式サイトを見てみると、やっぱり可愛いんですよねこの子。しかも優しい心の持ち主で、慈愛の心に満ちたシスターだそうで。泣き顔は可愛くても、泣きながら恐ろしいことを言うことがあるらしく。サイトでも「皆さんを阿鼻叫喚地獄に叩き落としてしまいますぅ…」と言ってますが、雲仙の子に言われると何か微妙に笑えないですよね*1。サンプルボイスも可愛いし、これは確かに人気出そうな気がします。


それに何と言っても、雲仙温泉観光協会が「温泉むすめ」に対してすごく乗り気なんですよね。観光協会には奥野さん直筆のサインとメッセージ入りパネルも飾られ、実際にファンも続々と訪れてるようで、地元の音楽イベントと連動した企画も開催するみたいです。さらには長崎のもう一人の温泉むすめ「平戸基恵(もとえ)」がいる平戸温泉との連携や、奥野さんを招いたイベントも検討中だそうで。いやあ…ようやく聖地巡礼の波が九州にも来ましたよ!


やっぱり「温泉むすめ」はこうした地元との連携があってこそのコンテンツだと思うので、この流れはぜひ続いてほしいですね。今までは有馬温泉が話題でしたが、雲仙温泉もそれに負けない取り組みを見せてほしいです。

*1:ちなみに「雲仙地獄」として大叫喚地獄という観光地も実際にあるそうです