K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

8年ぶりに「あしかがひめたま」の二人に会いに行ってきました!

天気もいいし、ふらっとどこか行きたくなって、栃木の足利に行ってきました。

 

足利には、実は8年も前から「ひめたま」と言う萌えキャラのプロジェクトがありまして。織姫神社の祭神をモデルにした「ひめちゃん」と、門田稲荷神社の祭神をモデルにした「たまちゃん」。そのお供にキツネ。さらに、そのキャラのデザインをリリカルなのは」でも有名な奥田泰弘さんが手がけたという何とも豪華なプロジェクトなのですが、今でも「ひめたま祭」と題して屋台やコスプレ、痛車の展示などを実施してるんですね。僕も以前、その様子を見に行きましたが、その後どうなったかとふと思い、8年ぶりに足利を訪れてきました。


 

まずは東武足利市に向かい、そこから野州山辺駅へ。ここから徒歩で10分ほどの門田稲荷神社を目指します。門田稲荷神社は日本三大縁切り神社のひとつでだそうで、絵馬に書かれた願掛けの内容もどことなく重いのですが、参拝後には、たまちゃんの絵馬を授与頂きました。たまちゃんの絵馬も使われているようでしたが、書かれてある内容を見てるだけでも、

悪縁断ち切るのは相当なメンタル強いられるんだろうな…なんて思ってしまったり。


 

ふたたび足利市に戻り、渡良瀬橋を超えて、次は足利織姫神社へ。ここは縁結びの神様ということで、恋人の聖地のよくわからない鐘があったりしますが、縁切りの神社を参拝した後のせいか、願掛けを見ても微笑ましくなりますね。こちらも参拝後に、ひめちゃんの絵馬を授与頂きました。織姫神社は高台にあって、階段をかなり登らないといけないんですが、ここから見渡させる渡良瀬川周辺の景色は絶景。絶好の散歩日和もあって、多くの参拝客がいました。


さらに、織姫神社近くには「ひめたま」のイラストが入ったこんな自販機も
 
 


そんな感じの8年ぶりの足利訪問。二人の姿を今も見られるとわかって、僕もすごく嬉しいですね。オリジナルの可愛いキャラを起用した街のPRも各地にありますが、維持していくだけでもすごく大変なんですよ。なのに発足から8年経っても、ちゃんとこうして地元に根付き、イベントを続けているって本当凄いですし、賞賛したいと思いましたね。今後も「ひめたま」のプロジェクトが、皆に愛されながら、末永く続くことを僕も心から願ってます。

 

素通りできない街がひとつ増えました*1



参考)あしかがをげんきにしよっ! 足利織姫神社に行って来た

*1:昨年から足利は「素通り禁止!足利」と題したシティプロモーションを実施してます。