K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

「逃避」という名の旅に出よう。

朝早く起きて、始発の東北新幹線に乗ってると、車内備え付けの雑誌にふと目が止まりました。

 

アンナちゃんの表紙でもわかるように、特集は「シャーマンキング」の作者、武井宏之さん。
武井さんと地元青森にある正法院の円空仏を訪ねるというもので、
記事を読んでいると、実は武井さん、どんなに忙しくても週一で旅行に出かけてるらしいんですね。
そのことについて、武井さん自らこう言ってるんですよ。

でも、旅行っていうより逃亡に近いかも。

とにかく、今いる場所から離れるのが目的なんだよね。
なんかずっと同じところにいると、いろいろ状況にのまれがちになるのがイヤでさ。

仕事もだけど、忙しさとか人間関係とか、それが世界の全部になっちゃう。
でも一旦そこから離れると、案外たいしたことないんだよね。
(エッセイマンガ「木魚の旅」より)

この一言が今の自分と重なるようで、胸にぐっときてしまいました。


僕もこのところ、土曜日はいつも旅行やイベントに出かけてます。
一人旅が大好きなので、電車に乗って、いつもと違う景色を見てるだけでも楽しいのですが、
実際のところ、家に居たくないだけなんだろうなと、自分でもどこかで思ってるんですよ。

有給が取れるほどの気分的な余裕もなく、日曜も仕事のこと思い出しては憂鬱になってるようなこの頃。
それでも土曜だけは仕事から離れたくて、朝4時に起床し、
みどりの窓口が開く5時30分には東京駅に着き、その日の旅先をそこで決めるという、
何とも慌ただしい旅を続けてます。


それに、幸いかはわかりませんが、旅に行きたくなる充分な動機が今の僕にはあるんですよ。


それが、ブログで何度も取り上げている「つなげて!全国”鉄道むすめ”巡り」です。


1年3か月間で全国32カ所に設置されたスタンプを集めるというこの企画。
僕も過去3回チャレンジし、いずれもコンプリートしましたが、
この規模になるとコンプは難しいかと最初は思ってたんですよ。

ところが、近場から始め、休日をやりくりしながら進めてますと、
気が付けば残りも10か所を切り、コンプリートも見えてきました。


もともと鉄道旅が大好きで、可愛いキャラも大好きな僕にとって、
鉄道むすめのスタンプラリーは、その両方をピタッと埋める形で見事にハマりましたね。

なので最近は僕も、土曜日一日でいかにスタンプ押して、観光もして温泉も入って…という感じで、
仕事の休憩中もナビタイムを駆使して計画を練ってます。



旅行なんて言ってしまえば、ただの現実逃避。
旅がどんなに楽しくても、目の前の課題が片付くわけじゃありません。

それでも、一日だけ仕事を忘れて遠くの世界を見ることにも、意味があるんじゃないかと思っていて。

もしかしたら何か自分の心に変化があるんじゃないか。
今の辛さも大したことないと思えるんじゃないか。

そんなことを、記事を読みながら思いました。



そして今日も、「逃避」という名の旅に出るため、ちょっとだけ仕事してます。