K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

世界は変えられないけど、一人くらいは変えてやる。

ダウンタウンが東京で天下を取った理由 - 死んだ目でダブルピース

小学校の頃から「4時ですよ〜だ」を見て育って来た僕から見れば、
実に順風満帆の東京進出のように思ってましたが、そうではなかったんですね…。

でも、自分たちではなく、客の意識を根こそぎ変えるという発想を現実にした
その力量たるや、やっぱり凄いと思います。
ちょっと間違えればただの一人よがりとして、お払い箱になる危険もあったのに、
それでも自分達のスタンスを変えなかった。客のほうこそ変えてやろうと奮闘し続けた。
それほどの決意と、それを裏打ちする自信は並大抵のものではなかったと思います。



話は少し変わりますが、僕が今でも大好きなブロガーも、
ある時、何気なしにブログでこんなことを書いてました。

世界は変えられないけど、一人くらいは変えてやる。

これを書いた人はおそらく何気なしに書いたんだと思いますが、
僕はこの言葉、すごく好きで、今でもずっと覚えています。


何だかんだ言ってブログなんてすごく非力なもので、
ましてや一日50ヒット程度の自分が、人を変えることができるだなんて
ひいき目に見ても、とても思えない。
でも、好きなことをずっとずっと書き続けて、いつも楽しそうにしていれば、

僕のブログを面白いと思ってくれる人もいるかも知れない。
僕の聴いてる曲を聞いてみようと思う人もいるかも知れない。
アニメに興味なかったけど、見てみようかなと思う人がいるかも知れない。

自分のブログが、見た人の意識を、ほんの少しでも変えることができた。
それはブロガーにとって何よりも価値のあることだと思います。

ただ一瞬くすっと笑うだけでもいい。「ああ…あるある!」と思わせるだけでもいい。
僕のブログがもとで、たまたま目に留まった人の心に変化を起こした。
そう思うだけでわくわくします。


世界は変えられないけど、一人くらいは変えてやる。
いやそんな贅沢はいいません。一週間に一人、いや月に一人でもいい。
ほんの一瞬でもいいから、見た人の中で何かが変わってくれたらいいな。

そんな偉そうなことを、ふと思ってみたりなんかして。