K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

本音を語るにも、その書き方には気をつけないと

ブログに何を書かないか ‐304 Not Modified
ブログと本音のあいだ −Life is Really Short, Have Your Life!!
記事の中身と本音とのバランス −ダイアリエ「いないいないばぁ」


ブログでは本音しか書かない。

そう言うと、格好いい!って思うでしょうか。僕はあまりそうは思いません。書いていい本音と書くべきでない本音。それをしっかり見極めた上で自分の本音を言う。それはすごく大事なことだと思うんですけど、本音しか書かないって言われると、何格好つけてんの、って少しイジワルなことを思ってしまうんですよね。必ずしもすべて本音じゃなくても、読んだ人や関係者に対する心づかいを忘れない書き方であれば、それで充分なんじゃないかなあ。

触れられたくない真実もあるのなら、楽しむための嘘だってあっていいと思います。

僕のブログは意見を問うという観点とは根本的に違いますけど、全て本音かというと、そんなことはないです。文章を面白くするために、細部を誇張したり、本音とは少し違うことを書くこともあります。それでも、書いていいことと書くべきではないこと。書くにしても、その書き方には気を使ってるつもりです。



と、自分ではそのつもりなんですが、どうも僕の友人達はそう思っていないのか、友人と会って話してても、話がプライベートな内容になると、

「コレ、ブログで書くなよ!

なんて質されるんですよね。別にそんな内容をネタにする気は全くないんですけど。そんなに皆さん僕がネタに餓えてるように思われてるんでしょうか

まるで「Komaに話すとネタにされるぞ!」みたいな感じで。