K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

本当は悩んでる、冒頭の「どうもKomaです」。

「結婚しないの?」と聞かれたら「あなたとは違うんです!」と返しましょう。どうもKomaです。


というように、僕のブログは、挨拶がわりに一ネタ入れてから本題に移ることがあります。

ブログも人に見てもらうためのものですから、最初の一言ってすごく大事なんですよ。
タイトルと書き出しで、見てくれる人の気持ちを少しでもキャッチしないと、
せっかく来てくれたのに、それっきりになってしまうじゃないですか。
本文を読んでもらうためにも、まずは冒頭でインパクトを与えたいと常日頃考えているので、
挨拶がわりの冒頭の一ネタは、これでも意外と気を使ってるんですよ。

それに、僕自身もこういう日記のパターンは気に入ってます。
落語家も本題に行く前に、「マクラ」として短い話をしてから入るじゃないですか。
それと同じように思ってもらえたら、という想いもあったりします。


でも、そんな冒頭の一言も、どうなのかなあ…って思う時もあるんですよ。


はてなには「キーワード」という仕組みがあるんですね。
キーワードで検索したら、そのキーワードについて書かれてるブログが
わかるようになってるんですが、アクセス解析をみると、
キーワードから僕のブログを見てくれる人も結構多いんですよ。

キーワードから僕のブログに来る人は、
そのキーワードについて情報が知りたいわけじゃないですか。
なのに、僕のようなブログが、冒頭で笑いのネタに取り上げて、
それ以降は全く違うネタについて書いてる。


それって見た人にとっては感じ悪いのかなあ…と、ふと思う時があります。


時期によって検索されやすいキーワードというのは確かにあって、
昨日で言うと「ミスチル」「FNS歌謡祭」。
最近だと「Perfume」で検索してくる人も多かったですね。

もちろんそのキーワードの内容について書かれてる日記であればいいのですが、
冒頭でネタにしただけで、全く違う本題に行く…というのは、
検索で来た人にとっては嫌な感じだろうなあ…という気もするのですよ。

というのも、はてなってキーワードで来る人が意外と多いので、
それなりに旬の言葉をブログで触れておけば、
それだけでアクセス増えることも多いのですよ。
昨日なんて「ミスチル」「FNS歌謡祭」だけで、かなりの人来ましたからね。
内容は堀江由衣の歌唱力についてのネタなのに。


でも、それを好きだと言ってくれる人もいるし、
自分もそんなパターンの日記が好きなので、またやってしまうでしょうね。
検索で来てくれる人には、本当に申し訳ない限りですが。

だって、冒頭の一言が、オチの伏線に仕上がった時の快感といったら、
もう更新しながらしたり顔ですからね。

単なる自己満足なのはわかってるんですけど…やめられません。