K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

京町セイカがふるさと納税奪還に動き出す?! 京都府精華町「ふるさと納税頑張ります!大作戦」開始!

京町セイカのふるさと納税頑張ります!大作戦 -GREEN FUNDING

greenfunding.jp


さっすが精華町! ふるさと納税」で失ったぶんは「ふるさと納税」で取り返す気ですね!


2017年度の「ふるさと納税」による赤字が約7,000万円に達した京都府精華町*1。そんな精華町の広報キャラ、京町セイカがついに本格的にふるさと納税に向けて動き出したようで。精華町の特産品から京町セイカグッズ、限定5セットのオリジナルドール町長との懇談(1名限定)など、かなりの攻めた返礼の数々。グッズと一言にいっても、新作缶バッジに新作タペストリ立花理香さんサイン入り)、新作キーホルダー、新作アクリルスマホスタンド、新作クリアファイルと、怒涛のグッズラッシュなんですよね。


しかし……自治体公認キャラのドールって……太田さんどう思います?


もちろんそういう類のものではないにしろ、ふるさと納税の返礼で自治体公認キャラのドールとは凄い。これは僕も気になりますね。リンク先を見ると、やっぱり皆さんもドールが気になるようで。本日発表にして、オリジナルドール追加セットをすでに2人が支援。この2人だけで55万円ですよ。その他にも続々と支援を集め、現時点で目標金額300万に対し56%達成という快進撃。ふるさと納税の赤字を埋めるとはいかないまでも、かなりの額は集まるんじゃないでしょうかね。


それに、町長との懇談もちょっと魅力的ですよね。精華町はつい最近、町長選で新人の方が当選されましたので、おそらく皆さんのほうが京町セイカについては詳しいと思うんですよ。京町セイカの話題持ち出したら町長に上からモノ言えますよ。なかなか50万の支援は難しいと思いますが、どなたか行かれた方は、ぜひ懇談の様子を教えてほしいですね。


それにしても、ふるさと納税の影響が大きかったのか、取られたら取り返す的な雰囲気を感じさせる怒涛のラインアップですよね。僕も以前、ボイスロイドの時にも支援しましたし、少しばかり支援したいと思います。

*1:あくまで「ふるさと納税」に関する収支の金額であって、自治体全体の財政ではないですよ。