K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

お知らせします! コミックマーケットの精華町ブースに行って来ました!

お知らせします! コミックマーケット精華町広報キャラ「京町セイカ」のブースに行って来ました!

 


誕生日に毎年欠かさずメッセージを送るほど僕が入れこんでる京都府精華町広報キャラ「京町セイカ」。その精華町が何と今年、初の夏コミに参加。さらに大阪府能勢町のメンバーもお手伝いされると聞き、これはぜひ挨拶に行かねばと、開催初日に駆けつけてきました。急ぎ足でブースに行くと…おおっ! 三次元化したセイカちゃんのお姿が!

 


ちなみに当日は、ジャム3つのセット&缶バッチ、キーホルダーのセット、京町セイカのボイスロイドも頒布。さらにフォローすると無料で公式ガイドブックが頂けるということで、数年前からフォローしてる画面を得意気に見せ、僕も一冊頂きました。そのガイドブックの表紙はこんな感じ。特製のうちわもあわせて頂きました。
 
 

いやあ…のぼりを持った二等身のセイカちゃんも可愛いっすね!


ガイドブックも、京町セイカの誕生秘話から、クラウドファウンディングに至る経緯、長編漫画の裏話、今後に向けた対談など、京町セイカに関する活動が余すところなく紹介されており、読みごたえのある内容でした。読んでて特に僕が胸打たれたのは、京町セイカに対するスタンスが当初から一貫してるところなんですよね。

京町セイカは町の魅力あるものに付加を与える役割であり、アニメを誘致するのではなく、町のキャラを通じて新しい創作ができる環境を作り続けたいという姿勢に、すごく感銘を受けました。僕も長年ファン続けてて良かったなと思いましたし、今後も応援したくなりましたよ。

しかも無料のガイドブックとはいえ、町長から刊行に寄せた挨拶がちゃんとあるのが凄い。今や婚姻届や町長の名刺にもプリントされてますからね。11月に開催される「せいか祭り」でも新しいことを何かしてくれるんじゃないかと、期待は高まるばかりです。



さらに同じブースでは、大阪府能勢町のメンバーも参加されてまして。能勢町にも人形浄瑠璃をイメージしたお浄とるりりんというキャラがいますが、彼女たちのキーホルダーやファンブックが頒布されてました。

 

こちらもキャラの紹介から、能勢電鉄とのコラボ、能勢町のフィールドマップなど、なかなか面白い内容でした。キーホルダーのデザインも、以前に京町セイカとコラボした時のイラストなんですよ。大好きなふたつの町がこうして一緒に活動してるのを見ると、何だか僕も嬉しくなりますね。

今後も関西内外問わず、精華町能勢町がイベントで一緒に活動する機会がもっと増えてくれることを、僕も心から願っています。