K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

可愛い双子のあんもも姉妹がハートフルに国立市をPR! 「くにたちMate」Project

東京の郊外くにたちを舞台に巻き起こる、杏と桃のハートフルでちょっぴり不思議な物語 「くにたちMate」

来たー! 久しぶりに萌えキャラセンサーに反応来たわー!


というわけで、ちょっと興奮気味にお届けする今日の萌えキャラ物件。その名も「くにたちMate」。公式サイトを見るなり、いかにもアニメチックなキャラがどーんと登場するんですが、実はこれ、国立市の魅力をPRするためのNPO法人の名前でもあるんですね。この二人のキャラは立花 杏(あん)と桃(もも)という双子の姉妹。おっとり系の姉とボーイッシュな妹、そしてお供にネコという、いかにもなシチュエーションですが、実はこの子たち、ただの双子じゃないんですよ。

ストーリーを見ると、お姉さんが桃ということになってますが、実は桃、大正時代からタイムスリップしてきた杏の高祖母。二人は国立の駅舎でタイムマシンを探すのですが、駅舎は既に取り壊されていて…。


許すまじJR東日本(→違う)


で、タイムマシンを探して二人が国立の街を歩き回りながら、街の歴史や有名スポットに触れようというのが主な物語なんですよ。しかしまあ…ありきたりな姉妹かと思いきや、お姉さんがまさかの大正娘。しかも「双子」ってところがポイント高いじゃないですか。可愛い声が付けば、これはアニメファンを中心に人気出るかも知れませんよ。



実はこの「くにたちMate」、以前から活動は始まってるようで。この二人のグッズが買えるカフェも最近オープンしたそうなんですね。公式サイトに載っているグッズのラインアップを見ると、缶バッチにキーホルダー、クリアファイルにガチャやマシュマロ…。

こ…これは! 僕の週末の予定決まりましたよ!


杏と桃のブログ「あんももブログ」も二人の掛け合いが面白いし、これは久しぶりにハイレベルの萌えキャラが来ましたね。立川はいろんなアニメの聖地としても有名ですが、そのお隣の国立にこんな可愛いキャラがいたとは。まだまだ東京も広いですね。