K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

地元大学生考案のキャラが11月から状況開始?! 兵庫地本神戸出張所から新たに萌えキャラが登場 

自衛隊“神戸あじさい小隊”の活躍に期待 大学生考案の萌えキャラ −デイリー

キャラの可愛さもさることながら、「状況開始」*1ってところに手慣れてる感じがしますね!


何かと萌えキャラの宝庫でもある自衛隊。このたび兵庫地方協力本部神戸出張所からも、可愛らしいキャラが登場したようで。名前も神戸の地名にあやかり、「御船(みふね)スズ」「千歳(ちとせ)ミカ」「天城(あまぎ)マイ」。それぞれ鈴蘭台、御影、舞子をイメージしてるのですが、神戸市の中でも実にシブいところをチョイスしましたね。ちなみにこのキャラ、記事のタイトルにもあるように、地元の大学生が考案したらしく。


神戸、大学生、萌えキャラ。……謎は全て解けた!!


神戸の流通科学大学には、「視覚文化研究会」なるものが実在し、学園祭で毎年「萌えキャラえきすぽ」を実施するほど、地元の萌えキャラ事情に秀でたところなんですが、そこのメンバーがデザインを手掛けたらしいんですね。なるほど、それは確かに慣れてますわ。それにこの方、道の駅「あゆの里矢田川」の「矢田川あゆか」をデザインした実績もあるそうで。


何か、妙に詳しいな…と思ったら、この記事書いたの、神戸新聞道の駅「あゆの里矢田川」の番記者(勝手に命名)じゃないですか!


記事もよく読んでみると、「肌の露出が多くなりすぎないように」などの打ち合わせを重ね、とか、そんな情報いらんやろ普通。いやあ…キャラの登場も嬉しいけど、それ以上にツッコみ甲斐のある記事を見つけました。自衛隊は各地でキャラも豊富ですし、他のキャラに負けない活躍を期待したいですね!

*1:自衛隊用語で「訓練」や「演習」のことを指すそうです