K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

まさかの干潟から萌えキャラ登場?! 千葉県の谷津干潟を「ガタガール」がPR!

先日、千葉でバスに乗ってましたら、車内でこんな広告を見つけまして。

f:id:koma-chi:20190501165434j:plain

ついに「干潟」から萌えキャラ登場ですか?!

f:id:koma-chi:20190501165619j:plain


千葉の習志野には「谷津干潟」という、ラムサール条約*1にも登録されている干潟がありまして。そこが毎年開催している「谷津干潟フェスタ」のポスターのイラストを今年、「ガタガール」の作者である、小原ヨシツグさんが担当されたそうなんですね。さらに4月27日から6月16日には、合わせてガタガールの原画展も開催されるそうで。


何ですかその谷津干潟のためにあるような作品は


少し検索してみると、どうも「月刊少年シリウス」「マガジンポケット」で連載された漫画らしく。校内美少女ランキング1位ながら干潟を愛する「ガタガール」七瀬汐(うしお)がヒロインの、中学の生物部を舞台としたストーリーのようです。見てみると、どうやら生物部には、特技を「能力」として命名する伝統があるそうで。標本作るときに自切を防ぐ能力とか、ヤドカリを傷つけずに採取する能力とか。毒や寄生虫の害を無効化する能力とか……。


何ですかその用途がニッチ過ぎる能力


しかしまあ……干潟観察がメインの漫画があるとは、世の中いろんな漫画がありますね。でも谷津干潟にとっては、これ以上ないPRのチャンスですし、フェスタのみにとどまらず、今後もいい関係を続けてほしいですね。

*1:湿地の保存に関する国際的な条約で、特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約だそうです