K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

上州太田の名物は炭水化物のデュエル! 「焼そば丼 ひつまぶし風」を食す!

群馬県太田市は焼きそばで有名な街なんだそうで。

調べてみると「上州太田焼そばのれん会」なんてのもあったり。同じ焼きそばで有名な秋田の横手や静岡の富士宮「三国同麺」を結成したり。全面的に焼きそば推しの街でして。その焼きそばは太麺と濃いソースがメインだそうですが、特に定義はなく店によってさまざま。中には「ひつまぶし風焼きそば丼」なんてのもあるらしいんですね。僕も横手や富士宮は行きましたが、太田には行ったことないなと思い、


  

行って来ました! スバルと義貞と内田彩の街群馬県太田市


太田と言えば、何といっても駅近くにどんと聳え立つ中島飛行機」改め「富士重工業」改め「SUBARU。古くは新田義貞ゆかりの地であり、今をときめくμ'sの内田彩の出身地。そんな太田市に僕も初上陸でございます。

 

気になる「ひつまぶし風焼きそば丼」の店は、太田駅から徒歩15分ほどの「もみの木」さん。店の前にぐんまちゃんのぬいぐるみがあったり、「元祖ぐんまちゃん焼そば」なるメニューがあったり、ぐんまちゃん大好きな様子。店内に入り、メニューを見ると、確かに「焼そば丼 ひつまぶし風」なるメニューがありました。注文してしばし待つと、来ました来ました。炭水化物のデュエル、焼そば丼 ひつまぶし風が目の前に!

 
  

こうして見ると…やっぱインパクトあるなあ

お椀にあふれた焼きそば、添えられた紅ショウガとから揚げ。ボリュームもあり、これは食欲をそそられます。焼きそばの具はわずかなキャベツと豚肉のみですが、味は濃すぎず薄すぎず絶妙なバランス。から揚げも油っぽくなく旨味も凝縮。美味い。前評判通りで確かに美味しいと食べ進めてますと、

 

目玉焼き出てきた!

目玉焼きを食べると、ようやく下からご飯が登場。ここで添えられたスープが活きてくるわけでして。「ひつまぶし風」とあるように、最後はこのスープで混ぜて食べるようになってるんですね。というわけで僕もスープをご飯に注ぎます。

 
 
ごちそうさまでした!! 焼そば丼ひつまぶし風、美味しかったです!


横手や富士宮に比べると、いまいち地味な太田ですが、何のなんの。焼そば丼ひつまぶし風のインパクトも味もお見事でした。「上州太田焼そば」は店によってメニューもさまざまらしいので、他の店もまたぜひ食べに行きたいですね。


参考) もみの木の焼そば丼 −群馬B級スポット