K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

「やくならマグカップも 特別感謝号vol.1」によせて。

「やくならマグカップも」の新刊の冊子をゲットしましたー。

f:id:koma-chi:20210531212414j:plain

今回は「特別感謝号vol.1」。発刊10年目を記念して、10年の道のりやインタビュー、スピンオフ4コマ「直子の小鉢」の厳選集、初期のイラスト公開など、いつもの漫画とは違った裏話や活動を振り返る内容でした。初期の三華ちゃんのキリッとした姿も驚きですが、今回の冊子、実は皆さんからのコメントを掲載してるページがありまして。企画や発刊の初期から応援してる方の応援のコメントが掲載されてるんですよ。

f:id:koma-chi:20210531212409j:plain

ま……まさか僕のコメントが活字になるとは!


実は事前にコメント掲載のお話を頂きまして。連絡が来た時には「どっしぇー!!」と、飛び上がるぐらい興奮しましたよ。ほ、本当に僕でいいんですか? 各地の萌えキャラを追って全国ふらふらしてるだけの放蕩者の僕で本当にいいんですか?! 連絡の文面見るだけで最初はドキドキでしたが、せっかくの機会ですし、僕からも応援のコメントを寄せさせて頂きました。運営の皆様、本当にありがとうございます。


そんなこともあり、「特別感謝号vol.1」の無料冊子をゲットするため、秋葉原ダッシュで向かい、保存用・観賞用・普及用・自慢用・友人に強制的に送り付ける用など、少し多めに頂いてきました。冊子はこちらで配布してますので、皆さんもぜひぜひ1冊や2冊や3冊や4冊や5冊ほど手に取ってみてください! しかし……自分の文章が活字になると、本当にドキドキしますね。



思えば「やくならマグカップも」を知ったのは、発表まだ間もない頃。これは面白そうだとブログでいち早く紹介したところ、当時なぜか公式サイトより検索で上に出てきたのを今も覚えています。その後は僕も大垣の「萌えキャラフェスティバル」や5周年展にも行きましたし、そうして好きで追い続けていた「やくも」も、今やコミカライズにアニメ化。多治見に根を下ろしながら、さまざまな企業やサービスを巻き込んでいく様子は、冊子の挨拶でも言われているように、ろくろが回りながら大きくなっていくようですよね。そんな作品を初期の頃から知ることができ、早くからファンになれたことを、すごく嬉しく感じます。


これから先、アニメ化された後、多治見の街がどのように変わり、どのように「やくも」が関わっていくのか。まだまだ期待と楽しみは尽きません。