K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

熊本の商店街を舞台にしたハートフルストーリー! 子飼商店街のPRキャラ「白川こよみ」とは?!

山鹿の「犬子ひょうたん」のキャラを先日紹介しましたが、そのキャラデザインを手がけた、漫画家の鹿子木灯(かなこぎ ともり)先生。実は他にも熊本のキャラをいろいろ描いてるらしく。熊本の商店街を舞台にした漫画も描かれてるんですね。

子飼商店街(うちのまち)のこよみさん ーホコテンコカイ


熊本市に実在する子飼商店街を舞台に、喫茶店で働く白川こよみさんと仔猫のましゅまろの物語で、すごくほんわかしていて、一話限りなんて言わず、続きが読みたくなってしまいますね。


子飼商店街のFacebookによると、子飼商店街のPRキャラとして「白川こよみ」を積極的に起用していく様子。今週土曜に開催される「子飼100円笑店街」のフライヤーにもこよみちゃんが起用されてますし、こよみちゃんののぼり旗も最近用意されたらしく、これから楽しみな存在ですね。


Facebookには、こよみちゃんとましゅまろのイラストも掲載されていて、これまた可愛いんですよ。魔女のようにほうきに腰かけてる姿なんて実に可愛いじゃないですか。グッズもいろいろ考えてるみたいですし、こよみちゃんの今後の活躍にも期待大です。


というわけで、次はこよみちゃんの等身パネルの設置なんてどうでしょう。パネルがあれば、僕も実際に商店街に足を運んでみたくなりますし、悪くないと思いますよ。




さらに調べてみると、鹿子木先生。「犬子ひょうたん」や子飼商店街のキャラだけでなく、熊本のお米専門店「富田商店」のキャラも描かれてるんですね。この方の描くキャラがこれからも熊本の各地でお目にかかれるようになればいいなあ、なんて思っちゃいます。