K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

熱い男達からのオモテナシ! 「鉄道むすめ&SL兄弟スタンプラリー」(SL兄弟編)

「やっぱり夏休みはグンマのSLに決まりだぜ!」。ということで続きます。「鉄道むすめ&SL兄弟スタンプラリー」、怒涛のSL兄弟編。

  
  
「暑い夏は熱い男達からのオ・モ・テ・ナ・シ」て、いらんわそんなーん!


私鉄4社が鉄道むすめを起用して華があるのに対し、JR東日本高崎支社が送り込んだのは、そんな可愛らしさを無に帰す、衝撃の暑苦しいおっさん2人組。でもスタンプラリーを始めると、不思議とこれはこれで味があって、スタンプ押しに行きたいと思っちゃうんですよね。

いわば鉄道むすめが七森中ごらく部で、SL兄弟が桜ヶ丘健司(CV:安元洋貴)みたいなものかと



まずは高崎から信越線で安中駅へ。安中は新島襄新島八重ゆかりの地だそうで、新島学園という学校まであるんですね。そこでSL兄弟の兄貴・出五一郎のスタンプをぺたり。ちなみに出五一郎、本職は「消防士」だったとは

  

で。このまま水上まで行ってもいいのですが、やっぱり兄弟イチオシのSLに乗ってみたいと思い、乗ってきましたSLみなかみ号! やっぱりSLは大人気で、家族連れの姿が多かったですが、鉄道ファンと思われる単身もそこそこ。というか、子どもより父親のほうが楽しそうな気もしましたね。

  

そして向かうは、終点の皆カーミンみなかみ。残念ながら「みなComing体操」や泉極娘の片鱗は周辺では見つけられませんでしたが、スタンプ押すついでに、群馬名物の「おっきりこみ」も食べましたし、温泉にも入ってきました。いやあ…いいとこですね皆カーミンみなかみ。

  

弟の白井二郎は「SL機関士に憧れるトラックドライバー」。この兄弟、SLに憧れるだけで鉄道業務には関わってないんですね


ちなみにSLみなかみ号が走るとあって、終点の水上駅では、観光案内の方々やおいでちゃんもお出迎え。SLで来た人と気軽に写真撮影に応じたりしてましたが、来客もはけて、ふと駅前の商店街を見ると。

 

おいでちゃんが普通に街の人にとけこんでました


ゆるキャラって、まわりのフォローを受けながら移動していくじゃないですか。でもおいでちゃんの場合、ほったらかしと言うか、自ら駅前の観光協会に帰っていくんですね。その間もちゃんと観光客に手を振ったり、地元の人と触れ合ったりしてるのを見ると、やっぱグランプリで上位に入るようなゆるキャラのプロは違うなと思いましたね。


  
  大きなサイズの写真

というわけで、スタンプラリー番外編として紹介しました「鉄道むすめ&SL兄弟スタンプラリー」。吾妻線の2週間限定のスタンプだけ押せなかったのが悔やまれますが、他の6か所は無事巡ることができました。しかし…まさかこんなに群馬に行くことになるとは思ってなかったです