K's Station

「ご当地萌えキャラマスター」Komaの、愛と笑いのドタバタブログ

      「旅行」カテゴリで温泉むすめや鉄道むすめなど、旅行記の一覧が見れますので、よければご覧くださいね。


拡散するアキハバラ

アキバ総研 「拡散するアキハバラ」 地方オタクのアキバ事情

これと同じようなことは僕も薄々感じていました。


オタクな世界がネットを中心に急速に広まった結果、
ライトなオタク層は今、確実に増えている。

人一倍の深いこだわりも情熱もない。
オタクであることへの後ろめたさも感じない。
そんな人たちが口にする「オタク」という言葉は、まるで何か流行のブランドのよう。
昔からのオタクにしてみれば、まるで異種の存在。

それは別にオタクな世界に関わらず、何事でも一般に流布すると、
人気の代償としてそのようなことは必ず出てきます。

別にライトなオタクが増えることが悪いことだとは思いません。
ただ、オタクな世界にも「暗黙のルール」というものがあります。
ハードルの低下によって、それを知らない、知ろうともしない、という人が
増えているのだとしたら、それはちょっと感心できないなあ…と思います。



僕はというと、そんなオタクのコア層に近づきたくて、
コアの人たちの背中を見てるだけの存在なんですけどね。


余談ですが、実はこの文章を書いた人と、二度ほどお会いしたことあるんですよ。
mixiから辿ってサイトも見たことあるんですが、
どれもすごく身につまされるというか、着眼点が優れてるというか、
一オタクとして深く考えさせられるような文章を書いてる方なんですね。

向こうは僕のことはあまり覚えていないとは思いますが、
一度この方とは、そのようなオタク事情について
マジメにじっくり話を聞いてみたいなあとは思いますね。